カテゴリ【ネイチャーストーンズ】ページ1の記事一覧

2007年06月06日

ネイチャーストーンズ

「ネイチャーストーンズ」はインターネットで店舗紹介を見て以来ずっと、一度は行ってみたいと思っていたお店だったのですが、病気のこともありなかなか実現はしませんでした。

それがつい数週間前、町田のクリニックで精密検査を受けることになり、クリニックが店から近かったこともあり、病院帰りに立ち寄ることができたのです。

ずっと行きたいと思っていたお店だったので、期待が大きすぎたのかもしれません。それとも、ネイチャーストーンズがビーズショップではなく、原石やクラスターを所狭しと並べた、いかにも天然石マニア向けのお店に見えたからか、店舗を経営して10年の実績があるという予備知識があったからなのか。

とにかく私は期待いっぱいでお店のドアをくぐったのです。

一緒に行ったもうひとりが大きめの買い物袋を持っていたのですが、店主であろう男性から、天然石にあたるといけないから荷物を指定の場所においてくれと言われ、私の期待はさらに膨らみました。

こんな風に天然石を大事に扱っている人なら、話くらいは聞いてくれるかもしれない。それまでの取引でさんざんな対応を受けていた私は、たとえ疑問が解消されなくても、疑問に耳を傾けてくれるだけで十分だと考えていました。

けれども結局は、これまで受けた「ひどい扱いのワースト3」をぬりかえるだけの結果となりました。

 疑問には耳も傾けてもらえず、
 「わけのわからない客」扱いをされ、
 営業時間に来てそんなこと(天然石の処理のこと)をきくのは非常識だと言われ、
 他のお客さんに迷惑だと言われ、
 どうせうちで買う気はないんでしょうと言われ、
 天然石が好きだからこそ拘りたいのだと告げると、あなたは天然石が好きなんじゃなくて、ただ知識をひけらかしたいだけだと言われ、
 天然石をお守りのように大事に持っている人もいるのに、と言うと話をかわされ、
 だったら山肌を緑に塗った緑化を天然だと思うかと問うと、鼻先で笑われ、
 本物が欲しかったら自分で掘りに行けばいいと言われ、
 最後には、もう帰ってくれと言われておしまい。


ちなみに、そのお店ではタンブル類や、8mm前後の天然石も数多く取り扱っていましたが、店主いわく、アズライトは「練り」で、シトリンは「焼き」でした。もちろんどこにも加工に対する記載はありません。

1品1品丁寧に、その天然石が持つ効果や効能は書いてありましたが、それを見ただけでは処理品の判断はまったく不可能で、それなのに店主は「うちではお客様にはちゃんと説明している」と言うのです。

いったい何を? どのように? 疑問は募るばかりです。赤系コランダムに「ルビー」と記載して、一粒数千円で売っている店なのに。

本当はそのルビーの処理についても訊ねたかったのですが、もう帰ってくれと言われては、断念するしかありませんでした。もう帰りますと言って頭をさげると、やっと相手の態度も軟化して、ヘミモルファイトの本物をまだ1度も見たことがなくて、それを探していると言うと、今はないけれど探しておくから時々連絡をくれればいいと、お店のカードをくれました。

店主が私に向かって話をしてくれたのは、それが最初で最後です。それまではずっと大きな声で、他のお客さんに私が非常識な客に見えるような話し方しかしてもらえませんでした。

私と話をしてくれない。それが一番ショックでした。
posted by isinohanasi at 00:00 | ネイチャーストーンズ
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。