カテゴリ【注意事項(必読)】ページ1の記事一覧

2008年06月29日

当ブログへのリンクについて A

更新したと思っていたら非公開だった、という凡ミスをしでかしてしまいました……申しわけありません。今回はリンクを貼っていただくにあたってのお願い事項を記載しました。

※この記事を公開した時点から、当ブログへのリンクはフリーとさせていただきます。事後にでもご一報頂けると嬉しいですが、とくに許可や報告の必要はありません。ただし、リンクフリーとしたことによって何らかの問題が出てしまった場合は、対応を変更させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。




■リンクはトップページに貼って頂くか、もしくは情報の出所が「本当は怖い天然石のはなし」であることがわかるように表示してください。

これは、発言した覚えのない内容や発言の一部を曲解した内容が掲載されることによる混乱を防ぐための予防措置です。私のあずかり知らぬ場所で公開された文章に対しては責任の取りようがありませんし、質問を頂いてもお答えのしようがありません。

もし情報の出所が「本当は怖い天然石のはなし」であることをはっきりさせないまま転載をされる場合は、転載されたご本人が、転載内容全てに責任を持って下されば結構です。




■建設的な意見交換は難しい内容である事をあらかじめご理解ください。

「本当は怖い天然石のはなし」というブログは、もともと業者さまの対応や天然石業界の現状(消費者にとって必要な情報の公開が成されていないことなど)に疑問を持ったところからスタートしています。ですから天然石業者さま側のご意見とは真っ向からぶつかる内容も多々含まれています。そのため消費者の立場で情報を転載してくださった方に対して無責任な揶揄の矛先が向く可能性も十分に考えられます。

つい先日も「霊感商法をやっているくせに」という主旨のメールを頂き、その方とのやり取りをブログ上に公開させて頂きました。あの手の揶揄は多くの場合、いくら対応しようと頑張っても徒労に終わります。私は最初から建設的な意見交換に発展する可能性がゼロであると認識した上で「公開できる情報のひとつ」として価値があると判断した為、あのようなやり取りをさせて頂きましたが、もし私が「本当は怖い天然石のはなし」の内容を転載する側の人間であったなら、あの手の揶揄は迷わず無視したであろうと考えています。




■転載された先で起こる問題にまで対応することは不可能です。

当ブログの内容は、転載された先で何らかの拡大解釈が成された結果、議論の収集がつかなくなる可能性も十分に孕んでいます。ちなみに、収集がつかなくなった議論の責任は、私にではなく、疑問ないし推論を提唱された方にあると、私自身は考えています。


最近の例でいえば「スーパーセブンに含まれるとされているカコクセナイトは、カコクセン石か否か」

私は日本にスーパーセブンの情報を持ち込んだ方やスーパーセブンという名称を提示された方を追い、お話を聞かせていただいたりメールで質問をさせていただきましたが、その過程にはスーパーセブンに含まれる(とされている)カコクセナイトがカコクセン石である、とのご意見はどこからも出てきませんでした。また、スーパーセブンとして販売されていた天然石を多数鑑別にも出しましたが、カコクセン石が含まれたスーパセブンの存在は確認できませんでした。これらの結果をもとに「スーパーセブンに含まれる(とされている)カコクセナイトはカコクセン石とは別のものである」と過程しています。

念のため書き添えておきますが、スーパーセブンに含まれるカコクセナイトがカコクセン石であるか否かを論じるには「スーパーセブンとして販売されている(されていた)天然石」に焦点をしぼるべきだと私は考えています。「カコクセン石の含まれた水晶の写真を(どこかの)海外のサイトで見たことがあるから、調べてみればいいんじゃないですか」という内容のメールを実際に頂いたこともあるのですが、カコクセン石を含む水晶が存在するか否かは、私の検証課題ではありません。

疑問を持たれることは個々人の自由ですが、その疑問に何らかの答えを求めるならば、まずはご自身が検証やリサーチをされるべきなのではないでしょうか。




■リンク先のサイトをご覧になる方へのお願い

「本当は怖い天然石のはなし」の一部に共感したり賛同することが、当ブログの掲載内容全てを肯定するものではないことを、よくよくご理解ください。正直なところ私は、当ブログの掲載内容全てに対して共感を持ってくださる方は稀であろうと思っていますし、稀である方が良いと考えています。

前回記載したように、とにもかくにもまずは「王様の耳はロバの耳」というタブーを叫ぶための穴を掘る必要があった私にとって、ブログを立ち上げた当時の状況は極めて不利なものでした。平坦な道などどこにも見あたらず、わずかに進んだように見えても、すぐに八方塞がってしまう。そんな状況に何らかの突破口を開くため、私はいくつかの「荒っぽい手段」をあえて選んできました。もちろんそれらひとつひとつに対して「私なりの言い訳」は存在していますが、それらにまで理解を示して欲しいとは考えていません。むしろ「そこまでやらなくても良かったんじゃないの?」と一歩引いた冷静な目で見ていただく方が望ましいでしょう。


また天然石を販売されている方々に対して記載している意見や要求についても、それらが100%通るとは思っていませんし、100%通るべきだとも考えていません。「ブログに書かれている内容は正論だが、条件を100%満たすことは難しい」とのご意見を頂いたこともありますが、もっともだと思います。

「100通すべきだとは考えていないが、自分の考えはそのまま記事にする」

これはいっけん矛盾して見えるかも知れませんが、そもそも理想と現実が別の場所にあることは珍しいことではありません。むしろ理想と現実のあいだになんらかの開きがあるからこそ、そこを埋めていくための努力が必要となるのです。変化を求めることが難しい場所だからこそ、100の主張してはじめて10や20の可能性がみえてくるのではないか、と私は考えています。

現実に即した正しい判断をするためにも、まずは天然石売買に対する理想と現実の両方をまな板の上にのせ、その上で天然石売買に関わる人間がそれぞれの立場で、どのような開きがあるのか、それらの開きを埋める努力は必要か否か、現状できる努力は何なのか、などを考えていく必要があるのではないでしょうか。



■処理の把握は売る側の責任

ただし、100%の条件を満たすことが難しいと理解していても、これだけは絶対に譲れない、という主張が私にもあります。それが天然石に施された処理内容を把握する責任は売り手にある、という主張です。

私の祖母は昔「まさか水をお金で買う時代がくるとは思わなかった」としみじみ言ったことがありました。昔は必要でなかった「支払」が、必要とされる現在。残留農薬の検査にかかる費用や、環境破壊を止めるための努力にかかる費用もそのひとつ。

どれもがみな、自然を自然のままにしておけば支払う必要のなかった費用です。けれども人間が人間の都合でいろいろなものを加えてしまったために、今度は加えてしまった余計なものを取り除いたり見分けるために支払をする必要が生まれてしまった。

天然石に対する処理もまた同じなのではないでしょうか。売る側の人間が様々な手を加えたためにより複雑になり、多くの人間が関わって利益を得る販売の仕組みが処理の状況を正しく把握できなくさせ、結果的に鑑別という方法論に頼らなければ、本物かどうかを見分けらなくなってしまった。

それら人間が介入したことにより新しく生まれてしまった責任は、いったい誰が引き受けるべきなのか。複雑になってしまった偽物や処理品を見分ける努力は誰がすべきなのか。

「安全」や「情報」を重要視する日本という国で商売をし、天然石から利益を得ようとする以上、それらは日本の業者さまが負うべき責任であり、今後必要となる努力であるはずだと主張する事は間違いでしょうか? 途方もない理想論でしょうか? 私はそうは思いません。



人にはそれぞれの立場があり、それぞれの意見があります。「本当は怖い天然石のはなし」を肯定するか否定するかは重要なことではありません。天然石に関わる自分自身が何を肯定し、何を否定し、そして相対する意見にどこまでならば歩み寄れるか。それらを考えるきっかけとして利用して頂ければ、これほど嬉しいことはありません。

posted by isinohanasi at 02:04 | 注意事項(必読)
一番上へ戻る

2008年06月24日

当ブログへのリンクについて

最近になって「リンクを貼っても良いですか?」という主旨の問合せを頂くことが多くなりました。当ブログに興味を持ってくださったことに対しては、とてもありがたく思います。ただ、私のブログにリンクを貼るということは、厄介ごとをひとつ抱え込むという結果にもなりかねません。

今日から2回にわたって「本当は怖い天然石のはなし」へのリンクについて、過去をふりかえりつつ私の思うところを記載してみようと思います。それらをご確認いただきご理解のうえリンクを貼ってくださるのであれば、ありがたく受けとめさせて頂きたいと考えています。



■私はなぜリンクを制限してきたか

これまで私は「本当は怖い天然石のはなし」へのリンクについては、制限を設けてきました。制限を設けざるを得ない内容のブログである事を自分でも自覚していたからです。

現在インターネット上には「天然石事典」や「天然石の効能事典」なるものが数多く見受けられます。天然石に関する書籍もたくさん販売されており、それらを眺めていると、いっけん華やかで心癒されるわくわくするような世界が広がっているのだと、錯覚もしてしまいます。


けれども現実はどうなのか。本当のところはどうなのか。


華やかに流される情報の多くは、結局のところ商品を売りやすくするための手段でしかなく、痒いところにはまったく手が届いていないと私は考えています。たとえば「トパーズの中でも一番人気がこの青いお色なんですね〜」などと何度も何度も説明しておきながら、そのトパーズの青が100%放射線照射処理によって作られていることには絶対に触れない。触れたら売れなくなってしまうから。販売上不利益になるかならないかが公開する情報の量と質を決めてしまっているのです。


「消費者はもっと違う情報も必要としています」という意見を複数の業者さまに個別にお伝えしたこともありました。私が情報として発信してしまう前に、業者さまの方で何らかの確認作業をされた方が、お客様も安心できるのではないですか、とお話もさせていただきました。けれどもそれらの大半は、残念ながら握りつぶされ、なかったことにされてきました。


業者が流す情報だけを信じ、文句ひとつ言わず黙って買っていくのが良い顧客。そうでない私はヒステリックなクレーマー。


私はある程度の覚悟を決めてこのブログを立ち上げました。現在も特定の仕入先を持たず、情報をくださる業者さまやお知恵を貸してくださる専門家の方とも一定の距離をおき続けています。もちろんこのようなブログを運営する私にお力を貸してくださる方々に対する感謝の念がないわけではありません。むしろ有り余るほどある、といっても過言ではありません。


それでも私は「常に自分はひとりなのだ」と考えることにしています。どんな戦いも結局最後には自分自身との戦いに行き着くことを考えれば、当然の事と言えるのかもしれません。


「本当は怖い天然石のはなし」というブログは、どのような揶揄を受けようとも、徹底的に嫌われ役になってでも、今まで多くの消費者が疑問を感じながらも口にすらできなかった「それっておかしいんじゃないですか?」という思いを言葉にし、形にして残すためにはじめたブログです。ですから私は自分が受ける揶揄の類は覚悟しています。けれども私が記載した内容の一部に共感したというだけで、私と同じように「ヒステリックなクレーマー」扱いをされ、不用意に傷つく方が出てしまうことは、個人的にはとても忍びない事でもあるのです。




■王様の耳はロバの耳

数ヶ月前、ある専門家の方に「なぜこのような事を続けているのか」と問われた事がありました。その方は私の身を案じてそのようにおっしゃってくださったのですが、 私はこう答えました。


「理不尽な環境の中で理不尽な対応を受けながら、おかしい、いやだ、まちがってる、という言葉さえ飲み込まなければならない消費者の方たちがいたんです。私は自分が身体を壊したことで、偶然にもそれを知ってしまいました。だからといって私には、何かを変えるほどの大きな力はありません。だからせめて、イソップ童話にあるような「王様の耳はロバの耳!」と叫べる穴を掘りたかったんです。癒しを求めたはずの場所で息苦しさを感じている人たちが「おかしいものはやっぱりおかしいんだ!」と言うには、まず誰かが矢面に立つ必要があると思ったんです」




■これまでに受けた揶揄の具体例

もうそろそろ時効でしょうから、大型掲示板(2ちゃんねる)にたてられたスレッドのテキストログをこの場に掲載しておきます。興味のある方はご覧になってみてください。特に興味のない方はあえて見る必要はないと思います。またもともと個人的な記録のひとつとして残していたログですから、レイアウトなどには一切配慮していません。


私がこのログを掲載する理由は「本当は怖い天然石のはなし」にリンクを貼ったり、自分のブログ上でのネタとして取りあげていただく場合、必要としていないものまで一緒についてくる可能性がゼロではないことを、あらかじめ知っておいて頂きたいと考えたからです。2ちゃんねるはもともと匿名性の高い掲示板ですので、掲載に当たって誰かにお伺いを立てる必要がないという気楽さがあえてこのログを選んだ理由でもあります。
※ただし晒された個人名については伏字にさせていただきました。



[ネットwatch]パワスト厨のショップ批判ブログ.txt



ちなみに、私はこれらの情報をリアルタイムで見ることはありません。また全てに目を通しているわけでもありません。ブログに記載する記事内容が一時的な感情に左右されることは避けたいと考えているためです。けれども中には早急に手を打たなければならない案件もあります。

これまでの例でいえば「ブルームーンストーンに対する業者さまの嘘」を追っていた最中、あろうことか天然石を使ったアクセサリーなどを作成されている作家の方々に嫌がらせが及んだ事がありました。私はこの情報をある販売業者さまから頂いたのですが、お話を伺う限り、私に成りすました人間が自分よりも立場の弱い人間をねらって攻撃を仕掛けているようにしか受けとれませんでした。

その時は、被害(不必要に嫌な思いをされる方)を増やさない事が私の中の最優先事項でしたので、情報をくださった業者さまにはいつでも連絡が取れる電話番号をお伝えし、同じ種類の嫌がらせがまた来たら、直接私に連絡するよう指示して欲しいとお願いしました。同時にブログ上にも同様の主旨の記事を掲載したのですが、その後は拍子抜けするくらいぱったりと嫌がらせはやみました。

この時つくづく、インターネット上でやり取りされる情報には、放って置くほうが良いものと、放って置いてはいけないものがあるのだと感じました。

上記のような経験を踏まえた上で、現在インターネットの情報チェックに関しては別の方に委託をしています。主な委託内容は情報収集と分別ですが、ストックしておけば良いものと、早急に手を打つ必要があるものの線引き(ルール決め)は私がしています。




■次回はリンクを貼っていただくにあたってのお願い事項を、なるべく具体的に記載できればと考えています。

posted by isinohanasi at 22:15 | 注意事項(必読)
一番上へ戻る

2007年08月26日

注意事項(必読)

当ブログの目的は「天然に近い石」の購入を希望している方の中でも、特に「自分が購入したい商品を選ぶために必要な、情報や知識を持っていない方」を対象とした情報発信です。

既に十分な知識をお持ちの方や、処理品や染色品に拘らない方にとっては、必要のない情報ですので、あらかじめご了承の上、閲覧をお願い致します。

また、当ブログは営業妨害を目的としたものではありません。そのため、記載内容の部分的な転載はかたくお断りさせていただきます。

部分的な転載をすることによって誤解を招く危険性がありますのでどうぞごご理解ください。他にも、当ブログを転載することによって利益が発生するサイトやブログ(アフィリエイトなど)や、当ブログの主旨と著しく反するサイトやブログからのリンクも、お断りさせていただきます。

純粋に情報のひとつとしてこのブログをご紹介いただける場合は必ずTOPページにリンクを張ってください。

TOPページアドレスは、http://isinohanasi.com/ です。

「天然に近い石」を求める方の為の情報のひとつとして紹介して頂ける事に対しては、お断りする理由はありませんし、むしろありがたいと感じています。

1人でも多くの方が天然石業界の曖昧さを理解し、その上で必要な天然石が、必要としている方の元へ届くことを、願ってやみません。

タグ:注意事項
posted by isinohanasi at 00:00 | 注意事項(必読)
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。