2008年11月24日

サイト復旧のお知らせ

ここ数ヶ月「本当は怖い天然石のはなし」が閲覧できない状態となっており、ご心配およびご迷惑をおかけ致しましたが、本日、無事復旧することができました。

閲覧ができなくなった原因や、復旧に時間がかかった経緯については、後日この場にて説明したいと考えています。

今日は取り急ぎ復旧のご報告をさせて頂きました。
posted by isinohanasi at 14:27 | 日々徒然
一番上へ戻る

2008年05月30日

中国へいこう??

中国へ行ってみようかと考えています。

いろいろと問合せている中でわかったのですが、現在日本の天然石市場で売買されている天然石の大半は中国から輸入されているようなのです。もしくは中国から韓国などを経由して日本へ。

実際に現地で買付け(中国に限らず)をしている方からも、ビーズ加工されている天然石を対象とするなら、中国のマーケットをおさえておけば他の国はあまり必要ない、と助言を頂きました。

初めて知ったときはびっくりしたのですが、日本で天然石を小売販売している業者さまの多くは、日本の卸業者さまから商品を購入されているそうで、日本で買って日本で売る、以外のことはほとんどご存知ないそうです。

ですから中国の天然石売買の現状を知りたいと思って問合せをしても、何もわからない。ずっと気にかかっている天然石に対する残留放射能の可能性についても、これ危ないんじゃないかな?と危惧するところで止まっています。

もちろん中国へ行ったからといって必要な「何か」が手にはいるとは限らないですし、むしろ手に入らなくてもともとの気持ちで行った方がよいとは思っています。ただこのまま日本で問合せを続けても何もわからないなら、やっぱり自分で行ってみるしかないのかなあ、と考えながらもまだまだ迷い中です。



タグ:天然石
posted by isinohanasi at 21:14 | 日々徒然
一番上へ戻る

2008年04月05日

ブログ再開のお知らせ

1日ずれてしまって申しわけありません。今日からブログを再開します。

まず最初は「次回に続きます」と書いたきりになっていた「天然色として販売されていた処理石の例」についての記事を掲載します。その後は、スーパーセブンの他、これまで記事として取りあげてきた天然石や、天然石を商材として扱われている業者さまに関する「その後」の掲載を予定しています。


また、通常の記事とは別に、これまでメール等で頂いた皆様からの質問に対する返答を、不定期に掲載させて頂く事も予定しています。

本来ならばひとつひとつのメールにお返事を返すべきなのですが、頂くメールの件数が予想以上に多い事、また同じ主旨の質問を頂く機会が増えた事などの理由から、今回ブログ上での返答、という形を取ることにしました。

もちろん、ご質問頂いた方々の個人情報等には一切触れません。また、体調等の個人的な事情で更新頻度は不定期とさせて頂きますが、5月の中頃までには、これまで頂いた質問への返答を終えるつもりでいます。

ブログ上に掲載した返答では足りない、質問した内容に対しての返答がされていない等の不手際がありました場合は、お手数をおかけして大変申しわけありませんが、もう一度メールでご連絡ください。

また今日以降、新しく頂いた質問に対する返答については、返答の掲載が5月の後半からとなります。急を要する質問についてはメールの頭に「緊急」と記載して送信してください。可能な限り対応させて頂きます。


ではでは、前置きが長くなりましたが、「天然色として販売されていた処理石の例」の記事の続きを、この後アップさせて頂きます。もうしばらくお待ちください。

タグ:天然石
posted by isinohanasi at 20:17 | 日々徒然
一番上へ戻る

2008年03月25日

お詫びと連絡です

急な体調不良で今日の午前中まで病院にいました。

不在の間も閲覧してくださっていた方々、メールを下さった方々、本当にごめんなさい。そしてありがとうございます。

今後の予定ですが、ブログの再開は4月4日を目標にしています。当面は週2回、火曜日と金曜日の夜に更新をする予定です。またオークションへの出品についてですが、こちらも4月以降になります。


オークション出品については、これまでもたくさんの問合せを頂いていたのですが「1円でも利益をのせるなら他店を攻撃する資格はない。偽善を正当化するな」とのメールを頂いた事があり、それに対する自分の考えを整理するために、若干の時間が必要でした。

私自身の考えを含め、オークションに入札をして頂く際の注意事項については、出品を再開するよりも前に、記事として掲載させて頂きます。

今日は取り急ぎお詫びとご連絡まで。

posted by isinohanasi at 19:17 | 日々徒然
一番上へ戻る

2008年02月17日

更新再開のお知らせ

曖昧な表現ではありますが、来週中にブログの更新再開を予定しています。
急な更新ストップでご心配をおかけし、申しわけありませんでした。

今回の更新停止は120%体調不良によるものです。

私は他の人よりも免疫力が低いため、ちょっとした体調の変化でも大袈裟になってしまう事があります。今後もこのような事がないとは言い切れないのですが、記事として残しておきたい内容も多々ありますので、長い目でみて頂ければ幸いです。


また、更新をストップしている間にもたくさんのメールを頂き、ありがとうございました。最近は具体的な相談や質問のメールを頂く機会も増えてきました。私自身まだまだ勉強中の身ですので、お答えできる内容には当然限りがありますが、ひとつひとつ返信をさせて頂いていますので、今しばらくお待ちください。

タグ:天然石
posted by isinohanasi at 22:29 | 日々徒然
一番上へ戻る

2008年01月04日

明けましておめでとうございます

年末年始に風邪をこじらせました。


38℃の熱が下がらず、喉が腫れて声が出ず……今日の午後になって、ようやく熱が下がりはじめました。咳や喉の腫れは継続中。


オークションで落札いただいた方々への連絡は、明後日になりますがご容赦ください。4日付のオークション結果を待って、まとめて対応をさせて頂きたいと考えています。



今年は色々な面で「攻めの姿勢」を取らねばならなく事が多くなると思われますので、ちょうど休みを取っている間に風邪をこじらせたのは、ある意味良かったのかもしれません。


記事にするよりも、矛盾を感じる情報が入ってくるペースの方が圧倒的にはやく、なかなか情報の公開が追いつかない状況ですが、順を追って記事にしていきたいと考えていますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

タグ:天然石
posted by isinohanasi at 02:53 | 日々徒然
一番上へ戻る

2007年12月29日

出品報告と1年の締めくくり

今年最後の出品を今日終えました。予定よりずいぶん遅れてしまいましたが、よろしければご覧になってみてください。


毎回、出品料無料に向けて作業をしているつもりなのですが、全然間に合っていません。今回間に合わなかった理由は、当日にキーボードが壊れてしまった……というか、飲み物をこぼして壊してしまったので、完全に自業自得だったりします。



QVC様やショップチャンネル様の件は、現在相手側の回答待ちです。即答できるような種類の問題ではありませんし、時間をかけてでも検討していただきたいと、私も考えていますので、長期戦になるかもしれません。今後何らかの新しい展開や、回答結果などが出ましたら、この場にてご報告させていただきますので、今しばらくお待ちください。



また、今年のブログ更新は今日が最後となりますが、これまでに閲覧してくださった皆様、オークションでご縁を持たせていただいた皆様には、心から感謝しています。思いがけず天然石と深く関わる1年となりましたが、私個人にとっても、色々なことを考えさせられる良い機会になったと感じています。


「石の力を信じますか」という問いは「サンタクロースを信じますか」という種類の問いに似ているのかもしれません。私たち現代人は、神様や宗教などという形のないものに不信感を抱く一方で、案外目に見えない何かを信じたいという思いを、強く持っているのではないでしょうか。

はやりの歌や映画には、人間の絆や信じる気持ちの大切さが描かれていて、なのに現実の世界では、信じる気持ちが他人の損得勘定に利用されてしまう。とても大きな矛盾を孕んだ環境の中で、私たちは生きています。こんな環境の元では、信じる者が馬鹿をみない世界を望むこと自体が、とんでもなく贅沢なことなのかもしれません。



私にとって来年は、今年よりもさらに激動の年となるだろうと、今から覚悟をしています。と言いますのも、QVC様やショップチャンネル様とやり取りをしていく中で、さらに疑問を感じる問題にいきあたり、ここ数週間ずっとそれらの情報を追い続けた結果、途中経過ではありますが、2つの仮説をたてるまでに至りました。現段階ではあくまでも仮説に過ぎませんが、記事にしてお伝えする必要性があることを強く感じていることも確かです。

私が現在たてている仮説とは、以下の2つです。



@現在市場に出回っている天然石、今後市場に出回るだろう天然石には、残留放射能やなまり等、人体に影響を与えるような問題が含まれている可能性がある。


A今の日本には、消費者のためになる宝飾関係の団体や機関は一切存在していない。




特に残留放射能の問題を持ちだすと、クリソベリルキャッツアイについての現在の鑑別体制や、過去に鑑別機関が、宝石に対する残留放射能を徹底的に調べた結果、人体に影響はないとの結論に至った、と反論される方も出てくるだろうと思います。

けれどもそれらは全て「過去の話」であり「限定された商品についての、ひとつの検証結果」に過ぎないと私は考えています。


加工大国であるバンコクやインド、それに追随する中国などを経由して日本に持ち込まれる天然石の中には、放射線処理によって色味などを変えられた商品が数多くあります。


鑑別さえも視野に入れられていないこれらの商品に対して、放射線照射後の処理が適切に行われていると、いったい誰が補償してくれるのでしょう。天然石を身につけることで被爆するような事は絶対にあり得ないと、誰が証明してくれるのでしょう。


どのような加工が成されているかを、明確に記載しないことすら「当たり前」とされている業界。染色品が「無加工品」として販売されている現状。他にも、天然石との関わりが深くなるにつれ、私の疑問も深まる一方です。


例えば、鑑別技術は進歩しているはずなのに、なぜ鑑別団体の規定が退化していくのか。消費者には明らかにされない記載内容が増えていく原因はどこにあるのか、などなど。



来年は、これらの問題についても順を追って言及させていただくつもりです。当然、私が受ける反発は、小さなものではないでしょう。少なくともそのような反発に対する心づもりだけはしておかなくてはならないと考えています。


ただ、誤解していただきたくないのは、私に何かを変える力があるなどという、分不相応な考えを持ってこのブログを運営しているわけではない、という事です。私にできることは、ただただ自分自身が知り得たことを、ひとつの情報として、消費者の立場である方々に還元していく。たったそれだけの事に過ぎません。

一方で、このようなブログの運営を続ける私という存在が、業者様などにとっては「嫌われ役」となる事は理解していますし、そのような「嫌われ役」の道を自ら選んでいる事も自覚しているつもりです。

それでも記事にせずにはいられないものが目の前にある以上、私はそこから目をそむける事ができません。やっかいな性格だと、時々は自分でも思います。



というわけで、販売業者様にとっては来年も鬱陶しい存在であり続けるでしょうが、どうぞご容赦下さい。


白々しくきこえるかも知れませんが、今年関わりを持たせていただいた全ての方々に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。それがどのような関わり方であれ、私にとっては全てが有益な経験であり、貴重な関わりであったと感謝しています。


皆様にとってやがてくる新しい年が良い年になりますように。



タグ:天然石
posted by isinohanasi at 23:51 | 日々徒然
一番上へ戻る

2007年12月25日

メリークリスマス

出品準備をコツコツ進めているものの、なかなか手強いです。写真を撮るのが下手なので、撮り直しが多いのが原因かも……


書きたい記事も山ほどあれど、時間と体力が足りず。まだまだ書き残しておくべきだと感じる情報はたくさんありますので、長い目でみて頂けると助かります。



そんな中、クリスマスくらいは穏やかな記事をと思い、今年のツリー画像を載せてみることにしました。



xmas01.jpg
「天然石を使ったクリスマスツリー」


オークションでは処分品扱いとなる天然石を使って、小さなツリーを作ってみました。ソーティングにかけてないという理由で眠らせていた石たちを、何かに使えないかと考えて作ったツリーですが、意外とお気に入り。


今後は処分品として出品するのではなく、こんな風に使っていくのもいいかな、と改めて感じました。





■今後掲載を予定している記事内容の一部

 ショップチャンネル様の手違いと嘘
 QVC様の虚偽表示(続き)
 千趣会様への問合せと対応結果
 安価商品の落とし穴
 可能性としての「残留放射能」
 ヘミモルファイトの染色について
 タイガーアイの染色について
 天然石販売業者様に対する見解


などなど。後から後から問題が出てくるので、調べものや検証等に追われ、なかなか思うようには記事が進んでいませんが、順を追って掲載していければ、と考えています。
 

タグ:天然石
posted by isinohanasi at 02:25 | 日々徒然
一番上へ戻る

2007年12月16日

ミネラルショー見学

12月14日の金曜日、東京ミネラルショーを見学してきました。


mi01.jpg
「入場券は4日間共通なんですね」



通院日と重なったことや、他にも所用があったため足をのばしてみる事にしたのですが、いろいろと勉強になりました。ちなみに、今回のミネラルショー見学の個人的な目的は以下の4点でした。


@ミネラルショーの雰囲気を体感すること
A販売をしている方と、実際に話をしてみること
Bアンモライトの現物を見ること
Cウォーターホイールズの代表の方にご挨拶してくること



特にウォーターホイールズの代表の方には、記事の中でお名前と見解を掲載させて頂いている事を、直接ご本人にお伝えしておきたいと思っていましたので、今回その機会を得ることができて良かったです。

初見学でしたが、ミネラルショーには様々な販売業者様が出店をされていて、嘘も本当もすべてがごった煮状態でした。ある程度天然石を見極める目を持っている方には有意義なのでしょうが、何かを学ぶには不向きだと感じました。明らかに矛盾のある説明もちらほら耳にしましたし、見るからに違和感のある商品が並んでいるブースも少なくありませんでした。


そんな中、個人的に面白いと感じたのは、鉱物を中心に扱っていらっしゃる方の「人間は自然がつくったものなのだから、人間が作ったものもまた自然のものだと」という見解でした。

もちろんこの方の考えは、私の考えとは相容れないものですが、人工石を誤魔化して販売することが目的ではなく、昨今のブランド志向や、販売価格をその天然石の価値と安易にむすびつけてしまう傾向に対する、ひとつのアンチテーゼ(極論ではありますが)だと理解した上でお話をさせて頂く分には、なかなか興味深い経験でした。

また「自分が販売した天然石に対する責任は自分にある」という考えの元、天然と人工の両方の商品を、明確に分類して販売されていた事には、とても好感が持てました。


けれどもやはり私は、人間がつくり出したものと自然がつくり出したものを、イコールで繋げることには無理があると思います。自然によって作られた人間に、果たして自然をつくり出すだけの能力があるかどうかも疑問ですし、また人間がつくり出したもの全てを自然と呼ぶならば、戦争や核ミサイルや環境汚染をも、自然のものとして受け入れなければなりません。


私には、自然が年月をかけて作りあげた天然石と、人間が最先端の技術で作りあげた天然石が同じものであるとは思えませんし、自分が購入する鉱物や天然石が自然のものなのか、人工的なものなのか、またどの程度の人為的加工が成されているかを知った上で、購入判断をしたいと改めて感じる結果となりました。



また、中には「見極める目のない購入者にも責任がある」と言われた天然石業者様もいらっしゃいましたが、見極める目を持たずに販売をされている方々の責任の方が、ずっと大きいのではないでしょうか


髪を切るためにわざわざ美容室に行くのは、美容師さんが自分よりも高い技術を持っていると考えるからです。法的な相談をするためにわざわざ弁護士さんを雇うのも、自分にはない知識や経験を持っていると信じているからで、相手をプロだと見なしているからです。私たちはプロの技術や知識、経験などにお金を払っているのです。


では天然石の世界はどうか。


いつも不思議に思うのですが、どうして多くの天然石業者様は、天然石を商材として扱っていながら、天然石の知識を深めたり、天然石を見極める目を養うための努力をされないのでしょうか

ミネラルショーなどへ行くと、出店されている方の多くが石の道のプロであるかのような錯覚を起こしてしまいがちですが、現実は全く違います。騙された者負けの売買が平然と行われているのです。


十数年ツーソンに通い続けている方にこの感想を話すと「ツーソンも同じようなもので、嘘も本当もごった煮状態のまま、規模が100倍くらいになったようなものですよ」とのことでした。自分自身が見極める目を持っていないと、何を買えばいいのかが分からなくなり、結果的に騙されてしまう事も多くなるようです。

私は今回のミネラルショー見学だけでもへとへとになったので「疲れませんか?」と聞いてみたところ「疲れるなんてもんじゃないですよ、毎年、死ぬ一歩手前です」と笑っておっしゃっていましたが、本当にそうなのだろうと思います。


貴重な経験ではありましたが、心身ともに疲れました。今日は動物病院に行く日だったのでなんとか外出できましたが、それがなければ一日中倒れていたかもしれません。きっと毎日通う人もいらっしゃるんでしょうね。私にはとても無理です……



mi02.jpg
「ミネラルショーで購入したアンモライトです」



mi03.jpg
「角度によって様々な色合いを見ることができます」




とにもかくにも、当初考えていた目的はすべて達成できたので、その意味ではとても有意義な時間を過ごすことができました。また、今後のブログの方向性として、天然石業者様の販売姿勢に対する疑問を追求していく事とは別に、消費者の方が自衛できるような情報を発信していく必要性がある事を強く感じました。


私のようないち個人にどこまでの事ができるかはわかりませんが、真面目に天然石と向きあった販売をされている方ほど、どこか繊細なところがあり、外に向かって情報を発信していくというよりは、自分たちだけでも真面目に頑張ろう、という姿勢を取られている方が多いように思います。私のように面の皮が厚い人間だからできることもある……かもしれませんので、できるところまでは頑張ってみようと思っています。


とはいってもその前に、ブルームーンストーンを含め、記事に集中するために止めていたオークションへの出品準備が待っているので、まずはそちらを頑張ります。虚偽表示関連については、相手側の回答待ちの案数がいくつかあるのですが、次の回答で解決するとは限りませんので、今後は長期戦の構えが必要になるだろうと思います。結果を焦るのではなく、自分のペースを保ちながら記事を書いていければ、と考えています。



ちなみに私事ですが、ハムスターは無事元気になりました。なんとか手術もせずに済み、頬袋や歯のつけ根の酷かった炎症もおさまり、ひと安心したところまでは良かったのですが、一気に疲れが出てしまいました。何日か記事の掲載をお休みさせて頂くかもしれませんが、近々オークションへの出品も予定していますので、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by isinohanasi at 03:20 | 日々徒然
一番上へ戻る

2007年11月30日

不審な電話

昨日起こった出来事なのですが、午前10:52分と午後18:02分に、それぞれ携帯会社と郵便局員を装って、私の住所を確認する電話がかかってきました。

どちらも中年の男性の声で、午前10:52分の電話では「料金の請求書を重複して送った可能性があるので、確認をさせて欲しい」と言われました。

また、午後の18:02分の電話では「書留が届いているのでこれからお届けにあがりたいのですが、在宅ですか」と聞かれ「家にいるので大丈夫ですよ」と答えると、相手が「○○」さんですよね、と私の名前を伝えてきたので、つい信用してしまい「念のため住所の確認を」との問いに答えてしまいました。ご丁寧に「もしいらっしゃらなくても不在通知を入れておきますから」とまで言われたので待っていたのですが、結局誰も来ませんでした。


この時点で「おかしい」と感じたのですが、午後の18:02にかかってきた電話は非通知だったので、確かめる事ができませんでした。

なので、今日になって、番号が通知されていた午前10:52分の番号にお電話をしてみたところ、1度目は延々呼び出し音が流れ、2度目からは呼び出しもせずにすぐ留守電に繋がるようになってしまいました。

特に午後18:02にかけてきた方は、私の名前をあらかじめ知っていたので、こちらの住所を確認したいが為に、郵便局員を装ってかけてきた可能性もあるのですが、現時点では断定はできません。


とりあえず最寄の警察署に相談した結果、今回の件は新手の詐欺手口の報告として記録に残し、今後何かあった場合は、すぐに110番通報するようにとの指示を頂きました。何かあってからでは遅いので、躊躇せずに110番通報して構いませんからと言ってもらえたので、少しは安心材料になりました。


今にして思えば、もっと警戒してしかるべきだったのですが、昨日は個人的にそれどころではなく……というのも、前日から一睡もしていなかったのと心労で、心身ともにへとへとだったのです。


その原因は私が飼っている一匹のハムスターなのですが、一昨日の夜、いつもと様子が違うことに気付きました。よくよく見てみると、口から頬袋が飛び出して赤く腫れあがっていました。しかも飛びだした頬袋がどうしても気になるらしく、手で引っ掻いたり、あちこちに擦り付けたりと、自分でどんどん悪化させていくのです。

動物病院はもう既に閉まっていて、夜間救急の病院にも電話をかけたのですが、ハムスターを診てくれる病院は家からかなり遠くて、連れて行く事はできませんでした。

ハムスターを飼うのは初めてなので、どのように対処すれば良いかもわからず、夜間病院の方も、実際に診察してみないとなんとも言えないとのことで、結局は近くの病院が開く時間まで待つしかなく、飛び出た頬袋を気にして全然眠ろうとしないハムスターを、ただただ見守りながら一夜を明かしました。

翌日、朝いちで病院に連れて行き、頬袋を口の中に戻す処置をしてもらったのですが、歯のつけ根まで化膿しているとの事で、このまま腫れが引かない場合は、電気メスで切ってしまったほうがいい、と告げられました。

電気メスでの手術自体は難しくはないらしいのですが「全身麻酔をかけるので、手術を受ける場合は一応の覚悟をして下さい」と言われてしまい、飼い主的には大きなショック。

「まずは1日様子を見ましょう」ということで、頬袋が飛び出した時の処置の方法を教えてもらい、抗生剤と化膿止めと血糖値を下げない為のブドウ糖の3種類のシロップと、強制給餌用の小さな針のない注射器をもらい、家へと帰る道の途中で、午前10:52分の電話が携帯にかかってきたのです。


家に戻ってからも、2時間ごとのブドウ糖の投与と、頬袋が飛び出していないかの監視のため眠るわけにもいかず、心配な気持ちも重なって、本当にへとへとでした。そんな中。後の18:02の電話がかかってきました。


ハムスターについては、頬袋の腫れが少しずつですが引きはじめたので、今日病院の先生と相談した結果、手術はせずに経過をみることになり、やっとほっとひと安心することができました。

ですがそうなると、今度は昨日の電話の事が気になって、取りあえずは警察署に相談をしておく方がいいだろうと考え、あれこれやっているうちに、こんな時間になりました。

一昨日からほとんど寝てません。限界です。今からちょっと休みます。記事の更新は明日になると思いますが、どうぞご容赦ください。




hamu02.jpg
「問題の子」




hamu01.jpg
「一昨日の夜はこんな感じでした」


posted by isinohanasi at 16:20 | 日々徒然
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。