2008年05月07日

「つくられた」商材としての価値 〜スーパーセブンのその後〜 G

今回は、スーパーセブンに含まれる(とされている)カコクセナイトについての記事を掲載します。



■カコクセナイトはどのような天然石を指すか

前々回の記事にも記載しましたが、スーパーセブンに含まれるとされるカコクセナイトがどのような天然石であるかについて、現在私は、下記のように仮定しています。

スーパーセブンに含まれるカコクセナイトとは、アメジストやスモーキークォーツに黄色のゲーサイトがびっしりと含まれ、虎の皮模様のように見える天然石である。


ちなみにこの仮定は、私の個人的な見解だけを材料にしているわけではありません。日本にスーパーセブンの概念を広めたと思われる書籍「地中の宝物」の共著者である、株式会社ヨシヨシの吉田さまからも、以前カコクセナイトについては、以下のようなご説明を頂きました。


2.Cacoxenite(カコクセナイト)
紫色、もしくは茶水晶の地に黄色のゲーサナイト・インクルージョンを含むものはクオーツと呼ばずにこの名称で呼ばれる。
黄色のインクルージョンがトラの皮模様を呈する。(宝石・貴金属大辞典より引用)


※詳しくは、下記の記事をご確認ください。
「地中の宝物」共著者 吉田良様の見解と対応

 http://isinohanasi.com/article/57428741.html



一時期、リン酸塩鉱物の一種であるカコクセン石(和名)がスーパーセブンに含まれる(とされている)カコクセナイトである、との説明も見受けられましたが、これはたまたま、同じ名前を持つ鉱物が存在した為だと私は考えています。少なくとも、私がスーパーセブンを検証する過程には、カコクセナイト=カコクセン石であると仮定するに足る材料は出てきませんでした。

ですからここでは、カコクセナイト=アメジストやスモーキークォーツに黄色のゲーサイトがびっしりと含まれ虎の皮模様のように見える天然石、であることを前提とさせて頂きます。




■カコクセナイトのサンプル例

ではここで、カコクセナイトに分類される天然石のサンプルをお見せいたします。今回のサンプルは、色むらのあるアメジストにゲーサイトが含まれた天然石となります。


kako01.jpg


黄色く光って見える部分が「カコクセナイト」です。



kako02.jpg


カコクセナイトが「虎の皮模様のように見える天然石」とされている理由は、このびっしりと含まれたゲーサイト・インクルージョンにあります。



kako03.jpg


内包されているゲーサイトの拡大写真です。



■次回記事内容は未定です。そろそろ一度オークション出品を、と考えていますので、それに関連した記事になるかもしれません。


posted by isinohanasi at 01:08 | スーパーセブンは存在しない
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。