2007年12月16日

ミネラルショー見学

12月14日の金曜日、東京ミネラルショーを見学してきました。


mi01.jpg
「入場券は4日間共通なんですね」



通院日と重なったことや、他にも所用があったため足をのばしてみる事にしたのですが、いろいろと勉強になりました。ちなみに、今回のミネラルショー見学の個人的な目的は以下の4点でした。


@ミネラルショーの雰囲気を体感すること
A販売をしている方と、実際に話をしてみること
Bアンモライトの現物を見ること
Cウォーターホイールズの代表の方にご挨拶してくること



特にウォーターホイールズの代表の方には、記事の中でお名前と見解を掲載させて頂いている事を、直接ご本人にお伝えしておきたいと思っていましたので、今回その機会を得ることができて良かったです。

初見学でしたが、ミネラルショーには様々な販売業者様が出店をされていて、嘘も本当もすべてがごった煮状態でした。ある程度天然石を見極める目を持っている方には有意義なのでしょうが、何かを学ぶには不向きだと感じました。明らかに矛盾のある説明もちらほら耳にしましたし、見るからに違和感のある商品が並んでいるブースも少なくありませんでした。


そんな中、個人的に面白いと感じたのは、鉱物を中心に扱っていらっしゃる方の「人間は自然がつくったものなのだから、人間が作ったものもまた自然のものだと」という見解でした。

もちろんこの方の考えは、私の考えとは相容れないものですが、人工石を誤魔化して販売することが目的ではなく、昨今のブランド志向や、販売価格をその天然石の価値と安易にむすびつけてしまう傾向に対する、ひとつのアンチテーゼ(極論ではありますが)だと理解した上でお話をさせて頂く分には、なかなか興味深い経験でした。

また「自分が販売した天然石に対する責任は自分にある」という考えの元、天然と人工の両方の商品を、明確に分類して販売されていた事には、とても好感が持てました。


けれどもやはり私は、人間がつくり出したものと自然がつくり出したものを、イコールで繋げることには無理があると思います。自然によって作られた人間に、果たして自然をつくり出すだけの能力があるかどうかも疑問ですし、また人間がつくり出したもの全てを自然と呼ぶならば、戦争や核ミサイルや環境汚染をも、自然のものとして受け入れなければなりません。


私には、自然が年月をかけて作りあげた天然石と、人間が最先端の技術で作りあげた天然石が同じものであるとは思えませんし、自分が購入する鉱物や天然石が自然のものなのか、人工的なものなのか、またどの程度の人為的加工が成されているかを知った上で、購入判断をしたいと改めて感じる結果となりました。



また、中には「見極める目のない購入者にも責任がある」と言われた天然石業者様もいらっしゃいましたが、見極める目を持たずに販売をされている方々の責任の方が、ずっと大きいのではないでしょうか


髪を切るためにわざわざ美容室に行くのは、美容師さんが自分よりも高い技術を持っていると考えるからです。法的な相談をするためにわざわざ弁護士さんを雇うのも、自分にはない知識や経験を持っていると信じているからで、相手をプロだと見なしているからです。私たちはプロの技術や知識、経験などにお金を払っているのです。


では天然石の世界はどうか。


いつも不思議に思うのですが、どうして多くの天然石業者様は、天然石を商材として扱っていながら、天然石の知識を深めたり、天然石を見極める目を養うための努力をされないのでしょうか

ミネラルショーなどへ行くと、出店されている方の多くが石の道のプロであるかのような錯覚を起こしてしまいがちですが、現実は全く違います。騙された者負けの売買が平然と行われているのです。


十数年ツーソンに通い続けている方にこの感想を話すと「ツーソンも同じようなもので、嘘も本当もごった煮状態のまま、規模が100倍くらいになったようなものですよ」とのことでした。自分自身が見極める目を持っていないと、何を買えばいいのかが分からなくなり、結果的に騙されてしまう事も多くなるようです。

私は今回のミネラルショー見学だけでもへとへとになったので「疲れませんか?」と聞いてみたところ「疲れるなんてもんじゃないですよ、毎年、死ぬ一歩手前です」と笑っておっしゃっていましたが、本当にそうなのだろうと思います。


貴重な経験ではありましたが、心身ともに疲れました。今日は動物病院に行く日だったのでなんとか外出できましたが、それがなければ一日中倒れていたかもしれません。きっと毎日通う人もいらっしゃるんでしょうね。私にはとても無理です……



mi02.jpg
「ミネラルショーで購入したアンモライトです」



mi03.jpg
「角度によって様々な色合いを見ることができます」




とにもかくにも、当初考えていた目的はすべて達成できたので、その意味ではとても有意義な時間を過ごすことができました。また、今後のブログの方向性として、天然石業者様の販売姿勢に対する疑問を追求していく事とは別に、消費者の方が自衛できるような情報を発信していく必要性がある事を強く感じました。


私のようないち個人にどこまでの事ができるかはわかりませんが、真面目に天然石と向きあった販売をされている方ほど、どこか繊細なところがあり、外に向かって情報を発信していくというよりは、自分たちだけでも真面目に頑張ろう、という姿勢を取られている方が多いように思います。私のように面の皮が厚い人間だからできることもある……かもしれませんので、できるところまでは頑張ってみようと思っています。


とはいってもその前に、ブルームーンストーンを含め、記事に集中するために止めていたオークションへの出品準備が待っているので、まずはそちらを頑張ります。虚偽表示関連については、相手側の回答待ちの案数がいくつかあるのですが、次の回答で解決するとは限りませんので、今後は長期戦の構えが必要になるだろうと思います。結果を焦るのではなく、自分のペースを保ちながら記事を書いていければ、と考えています。



ちなみに私事ですが、ハムスターは無事元気になりました。なんとか手術もせずに済み、頬袋や歯のつけ根の酷かった炎症もおさまり、ひと安心したところまでは良かったのですが、一気に疲れが出てしまいました。何日か記事の掲載をお休みさせて頂くかもしれませんが、近々オークションへの出品も予定していますので、どうぞ宜しくお願い致します。


posted by isinohanasi at 03:20 | 日々徒然
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。