2007年11月28日

第3回 QVCジャパン様の虚偽表示

今回の記事には、1回目の問合せで私が質問をした内容と、QVC様側の回答を掲載する予定だったのですが、昨夜から今日にかけて、QVC様はお取り扱い中の「ブルームーンストーン」系のジュエリーを、WEBサイトから全て削除されました。


この事により、私の中に2つの選択肢が生まれました。

@QVC様の今後の対応を待って、記事の掲載を続ける。
AQVC様の対応を待たずに、自分のペースでの掲載を続ける。




もし、QVC様が消費者の立場に立った改善をするために商品を取り下げられたのであれば、それは評価に値します。しかし一方で、自分達の立場を守るために、何らかの誤魔化しを追加されるつもりで一時的に取り下げられただけであれば、評価どころか批難に値します。


もちろん、この件についてはQVC様のお考えがどちらであるかを確認するため、カスタマーセンターにお電話をさせて頂きました。けれども、間に人をはさんだやり取りでは、QVC様のお考えがどちらであるかを、明確に判断する事はできませんでした。


ですから私は、今後以下のような方法を取らせていただくことにしました。

もし、今回の商品取り下げが消費者の立場に立った改善を目的とするものであるならば、明日の午後8時までにご連絡ください。その際、折り合いがつけば情報の公開時期などにつきましては、私の方でも譲歩させて頂きます。

明日の午後8時までに連絡がなかった場合は、私自身のペースで記事の掲載を進めさせていただきます。また、今後公開する情報は全て、電話での会話を録音したデータに基づいておりますので、証拠を提示しろといわれた場合、録音データであれば提示することができます。


ただし、閲覧者の方からご要望を頂いたとしても、会話の内容を音声のまま公開することはありません。録音された会話の中には、カスタマーセンターの担当者の方のお名前など、個人情報が含まれている為です。

私が行っている会話録音の目的とは、あくまでも、正確な情報を記事にしてお伝えすることと、事後の水掛け論を防ぐ為の予防措置であることをご理解ください。どうぞ宜しくお願い致します。

posted by isinohanasi at 23:34 | TVショッピングQVC様の虚偽表示
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。