2007年11月09日

ヘブンストーン様の商品説明に対する疑問

今日は少し熱があるので、この記事を書いたらまた寝ます。オークションで落札してくださった方への対応は明日になりますが、ご容赦ください。


記事の掲載を優先したのは、ある商品の鑑別結果が出たからです。その商品とは、ヘブンストーン様が現在も販売されている「レインボームーンストーン」です。商品の詳細は実際の販売ページをご確認ください。

「ヘブンストーン様が販売されている、レインボームーンストーン」
 http://heavenstone.ocnk.net/product/110


この商品は説明欄に
大人気のムーンストーン!AA+AAAグレード
透明度が高く、どの粒にも青いシラーが光ります。中々入荷しないグレードです。この機会をお見逃しなく!


と記載されています。そしてその下には、

G.I.A.,G.G.(米国宝石学会ジェモロジスト)により、鑑定・鑑別・管理された天然石ビーズです。石品質に自信あり!

と、はっきり明記されています。


ですが鑑別の結果、この「レインボームーンストーン」は「ムーンストーン」ではなく、「ペリステライト」であることがわかりました。

最近になって、長石の分類の難しさが、いろいろな所で言い訳のように使われているのを見かけるようになりました。けれどもこれは、石についての知識のなさを自ら公言しているようなもので、長石の分類の難しさが、ペリステライトとムーンストーンを混同して販売する理由にはなりません。

しかも、ヘブンストーン様は「G.I.A.,G.G.(米国宝石学会ジェモロジスト)により、鑑定・鑑別・管理された天然石ビーズ」であることを売り文句にされています。それなのにムーンストーンとペリステライトの区別すらつかないようでは、何のためのG.I.A.であり、G.G.なのでしょうか。

ブルーのシラーがはっきりと出るブルームーンストーンは、スリランカでもある特定の地区からしか産出されません。G.I.A.やG.G.の資格保持者の方なら、そのくらいのことは当然ご存知のはずです。


私は今回、この検証をする為にヘブンストーン様の商品を、知人を介して購入しました。前回のPurestone様の時と同じです。もちろん購入者の特定を避けるために毎回別の方に代理購入をお願いしています。

私のこの方法論を批難される方もいるでしょう。それは甘んじて受け止めます。けれども間違った販売をされている業者ほど、私に対する商品の販売を頭から拒否されるため、こうでもしなければ現物が手に入りません。現物が手に入らなければ検証もできず、だからといって業者さまが自ら検証して下さるわけでもありません。

ですから私は今後も「これは明らかに間違っているのでは?」と感じた商品については、業者さまから取引を拒否されても、何らかの方法で現物を手に入れ検証を続けていくつもりです。


最後にもう一度申し上げておきます。
ヘブンストーン様が現在「レインボームーンストーン」として販売されている商品は「ムーンストーン」ではなく「ペリステライト」でした。ヘブンストーン様の方で、この結果に納得がいかないようであれば、ご自身で再度鑑別の上ご連絡ください。販売されている商品が実際に「ムーンストーン」である場合は、記事を訂正し謝罪させていただきます。

また、もし販売している商品が「ペリステライト」であることを認められ、商品説明を変更される場合も、ご連絡いただければ、誠意ある対応として掲載させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。




posted by isinohanasi at 23:34 | ヘブンストーン
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。