2007年10月05日

取引拒否に関する疑問

今日はひたすら、滞っていたオークションへの出品準備をしていたのですが、メールで頂いた情報の中に、どうにも府に落ちないものがありましたので、記事にさせていただきました。

以前にもお伝えした通り、私はPurestone様から一方的な取引拒否を受けた為、現在もPurestone様の商品を購入することはできません。取引拒否の理由は、簡単に言えば「ブルームーンストーンと銘打ったぺリステライトの購入を希望した為」です。

ところが今日頂いたメールの中に「Purestoneさんのブルームーンストーンの説明文が変わっている」との情報があり、実際にサイトを確認したところ「流通名は、ブルームーンストーンでしたが、鑑別の結果は、「ペリステライト」でした」との表記が追加されていました。

けれども、Purestone様は取扱い中の「ブルームーンストーン」が「ぺリステライト」であることを、最初からご存知でした。事実を認識した上で「ブルームーンストーン」として販売を続けてこられたのです。

私視点の記事だけでは信憑性に欠けるため、実際にやり取りをしたメールを公開させていただきます。Purestone様が最初から「ぺリステライト」だと認識して販売されていたことが、お分かりいただけると思います。


また、Purestone様に対しては購入希望をする前に2度、質問メールを送らせていただきました。購入後のトラブルを避けるためにも、私のブログアドレスは最初にお伝えしておくべきだと考えたからです。でも2度とも返答はありませんでした。

なので、実際に商品を購入して検証してみようと考え「ブルームーンストーン」をネット注文した途端、再送した質問メールに対する返答が送られてきました。それが下記の内容となります。


 −−−−−ここから
○○ 様

この度はお問い合わせ頂きまして誠にありがとうございます。(有)ウイローでございます。返信が大変遅くなりまして誠に申し訳ございません。

さて、お問い合わせの弊社の天然石の表示基準ですが、弊社では仕入れた商品に対して抜き打ち鑑別を実施させて頂いております。また鑑別書をご希望されるお客様へは鑑別書つきの商品を販売させて頂いております(その際は、別途鑑別書の代金を請求させて頂いております)
ご案内頂いた○○様のブログを拝見させて頂きましたが、非常に品質を重視されておられるご様子、ただ今弊社の小売サイトでは鑑別書つきの商品はご案内させていただいておりませんが、ご注文と併せてその旨ご連絡頂けましたら、鑑別書付の商品を販売させて頂きます。

尚、この度ご注文頂きましたブルームーンストーンですが、こちらの商品は鑑別上では「ぺリステライト」となりますが、宜しいでしょうか。
ご注文いただきました商品はご了解のご連絡を頂き次第、発送させて頂きます。お手数をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

(有)ウイロー △△
 −−−−−ここまで


私は次のように返答しました。


 −−−−−ここから
△△さま

ご連絡ありがとうございます。
注文したブルームーンストーンですが「ぺリステライト」であれば問題ありませんので、商品を送付してください。

ただ、私の方でも鑑別にまわすつもりですので、結果が「ブルームーンストーン」でも「ぺリステライト」でもなかった場合は、鑑別にかかった費用込みで補償をお願い致します。まずはソーティング(お値段が安いので)を行いますが、ソーティング結果だけでは信用できないとお考えでしたら中央研の鑑別書を取得することになるでしょう。

その場合、どちらがその責任を負うかについてですが、私は販売店さまにその責任があると考えています。ですので、個人である私に中央研の鑑別書を取得しろとおっしゃるなら、取得の際にかかる一切の事務手数料、及び私がかけた時間に対する報酬を補償して下さい。私の時間も無料ではありません。

もちろんこれらのことはお譲りいただいた商品が「ブルームーンストーン」
及び「ぺリステライト」である限りなんの問題にもならないことですので、
購入前の事前確認のひとつとしてお考え下さい。どうぞよろしくお願い致します。

○○
 −−−−−ここまで


時期尚早だと思われる方もいらっしゃるでしょうが、私がこの時点であえて「補償」についての話を持ち出したのは、Purestone様が「ぺリステライト」と認識していながら「ブルームーンストーン」として商品を販売をされていた事実を知ったからです。

「ブルームーンストーン」と「ぺリステライト」が別の石であることを知っていながら購入者にはその情報を教えない。これは購入者との信頼関係を壊す「嘘」になると私は考えています

「嘘」をまるで当然のことであるかのように記載してきたことに対して「それはないんじゃないの?」という気持ちがあった為、メール文が攻撃的になってしまったことは事実です。

目的の為に手段が存在することを考えると、もう少し穏やかに話を進めたほうが良かったなあ、とちょっと反省しています。


それはさておき、Purestone様からの回答は、次のようなものでした。


 −−−−−ここから
○○様

ご返信頂きまして誠にありがとうございます。(有)ウイローでございます。

商品の鑑別につきまして、商品お受け取り後、お客様の側でも鑑別に出されるとのことですが、もし宜しければお客様がご検討されております中央宝石研究所の口頭鑑別、鑑別書につきましても弊社にてご案内は可能でございます。

通常弊社では商品の鑑別は日本彩珠宝石研究所に依頼をしておりますが、いずれの鑑別機関をご利用の場合でも、口頭鑑別は\3,000円、鑑別書は\5,000円での承りとなります。(いずれも商品価格とは別料金となります)

お客様が独自に鑑別に出され、鑑別結果が異なった場合につきまして、鑑別代金に対する補償は致しかねますので予めご了承頂きますようお願い申し上げます。但し、その際の商品の返品・返金に関しましては、送料弊社負担にて対応させて頂きます。

以上、商品購入に当たってご参考にして頂ければ幸いでございます。
宜しくお願い申し上げます。

(有)ウイロー △△
 −−−−−ここまで


どちらが出しても「ぺリステライト」として結果が出てくるでしょうから、金額以外は問題なかったのですが、口頭鑑別\3,000円、鑑別書\5,000円は正直高すぎます。自分で鑑別に出す方が明らかに安く済む(中央研でも)ので、私は自分で鑑別に出したいと希望しました。


 −−−−−ここから
△△さま

ご連絡ありがとうございます。
どうしても分からないのですが、なぜ御社を通じて鑑別を依頼することは可能なのに、独自に鑑別に出すと、いきなり補償の対象外となってしまうのでしょうか。普通、表記と違う商品を売ってしまった場合、それに対する補償をするのは当然のことではないですか?

私は、その辺の適当な鑑定士さんにお願いすると言っているわけではなく、中央宝石研究所の鑑別書を提示すると言っているのですから、お取扱商品に間違いがなければ、全く問題はないはずです。それとも、△△さま側にとって何か問題があるのでしょうか。

○○
 −−−−−ここまで


できるだけ安く済ませたいとの考えから、私が鑑別に出すとお伝えしたのですが、Purestone様のお考えはもっと別の方向にありました。


 −−−−−ここから
○○様

ご返信頂きまして誠にありがとうございます。(有)ウイローでございます。

ご質問についてですが、お送りした商品と鑑別に出された商品が同一なものであるかどうか100%確証が取れないため、社の方針といたしまして、お客様サイドで出された鑑別代金の補償はいたしかねます。
ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

(有)ウイロー △△
 −−−−−ここまで


なるほど納得。私が購入した商品とは違うも天然石を鑑別に出すかもしれないと懸念したからこその「補償不可」だったわけです。販売する方の立場から見れば、最もな懸念かも知れません。

でも、実際に「嘘」をついていたのはPurestone様の方なのです。また、購入後のトラブルを防ぐために、事前に送ったメールを2度とも無視されたのもPurestone様の方です。私は嘘をつくつもりなどなかったので、次のような返答を返しました。


 −−−−−ここから
△△さま

もしかしてそれは、私が嘘をつくかもしれないということですか?
その事を理由に鑑別補償を拒否されているのですか?
仮にそうであるならば、反対のこともあり得るのではないでしょうか。

御社が鑑別を依頼されている日本彩珠宝石研究所とは、確か天然石鑑定に関わっている方が鑑別をされていらっしゃるところですよね。色石については、全宝協が一番確実な答えを出してくれますし、全宝協や中央研との鑑別結果と相違が出た場合、それはそちらの鑑別に問題があることになるのではないでしょうか。

補償なしで商品を購入させていただくことも検討いたしますが、その場合、鑑別結果に相違が出たことを情報のひとつとして、私のブログに掲載させていただきます。

天然石業界は今、とんでもなく混沌としていて、最終的には消費者が負担を負わされている現状があります。
私は絶対に嘘はつきません。自分のためにならないことはする必要がありません。ですから反対に、そこまでして取扱商品の鑑別補償を拒まれる理由がわかりません。表記に問題のある天然石を販売したことが判明した時点で、補償対象になると思うのですが、どのようにお考えになられますでしょうか。

○○
 −−−−−ここまで


そういえば最近、私のところに「正しい鉱物名で記載すべき」との指摘が送られてきましたが、ロードクロサイトをインカローズと記載したり、ペクトライトをラリマーと記載することと、ラブラドライトやぺリステライトをブルームーンストーンと記載することの間には、天と地ほどの違いがあります。

例えばラリマーとペクトライトはイコールで繋がりますが、ブルームーンストーンとぺリステライトは、絶対にイコールにはならないからです。

このブログを閲覧してくださっている方には、是非ご理解いただきたいのですが、私が拘っているのは「嘘」が含まれた商品説明であって、これまで天然石業者様に対しても、取扱商品全てについて、鉱物学もしくは宝石学的に正しく記載するよう求めたことは一度もありません。


私のメールに対するPurestone様の回答は次のようなものでした。


 −−−−−ここから
○○様

ご返信頂きまして誠にありがとうございます。(有)ウイローでございます。

> もしかしてそれは、私が嘘をつくかもしれないということですか?
> その事を理由に鑑別補償を拒否されているのですか?

決してそのようなことはございません。誤解を与え申し訳ございません。○○様に限らず、すべてのお客様に対して同様で、あくまで社の方針でございます。

Purestone.com △△
 −−−−−ここまで


自社方針だと主張されるならばそれは仕方ありません。もともと補償目的で商品の購入を希望したのではなく検証が目的でしたので、一切の補償なしで購入を希望することにしました。

ただ、市場に出回っている「ブルームーンストーン」が実は「ラブラドライト」や「ぺリステライト」であることについては、当初から記事にするつもりでしたので確認の為に以下のメールを送りました。


 −−−−−ここから
△△さま

ご連絡ありがとうございます。

> 補償なしで商品を購入させていただくことも検討いたしますが、
> その場合、鑑別結果に相違が出たことを情報のひとつとして
> 私のブログに掲載させていただきます。

購入判断をするために、この部分に対するご回答をいただけますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

○○
 −−−−−ここまで


Purestone様の回答は、以下のようなものでした。


 −−−−−ここから
○○様

ご連絡ありがとうございます。お問い合わせの件ですが、公正を期すためにメールのやり取り全文を掲載していただくのであれば、結構です。
ただ掲載された内容が、当社が著しく被害を被ると当社が判断した場合は、法的措置をとらせていただきます。

尚、お取引に関してですが、一連のメールのやり取りから、弊社と取引をすることで、○○様にお手間やご心労、ご迷惑をお掛けするのは大変申し訳なく思います。したがいまして、○○様とのお取引はお断りさせていただくこととなりました。
折角のご注文にもかかわらず、ご期待に沿うことができず誠に申し訳ございいません。今後の○○様のご発展を心よりお祈りしております。

Purestone.com △△
 −−−−−ここまで


まあ、ていよく追い払われたといったところでしょう。

手間や心労や迷惑がかかるかどうかは私が決めることであって、Purestone様が決めることではありません。それをまるで「私のために取引を拒否する」かのように話を捻じ曲げられては、納得などできるはずもありません。

それにしてもなぜPurestone様は「ぺリステライト」を「ブルームーンストーン」と偽るのではなく「ぺリステライト」本来の価値をあげる努力をされなかったのでしょう。

「ぺリステライト」もとても綺麗な天然石です。今はまだ認知度が低くても、綺麗であると思えば購入者も増えていくと思うのですが、やはり希少性やパワーストーン効果に頼った販売をされていたということなのでしょうか。

ちなみに、本当のことを知りたかったので、問題の「ぺリステライト」は知人に購入してもらって検証しました。鑑別に出した結果、間違いなく「ぺリステライト」であることがわかりました。

あれほど売り渋った「ぺリステライト」の存在を、今はあっさりと認めていらっしゃるPurestone様にとって、あの取引拒否とはなんだったのか。

あの時点で「ぺリステライト」を公表されたくなかったのか、それとも他にも何か調べられては困る商品があるのか。知りたがりの私としては、つい関心を持ってしまいます。

またPurestone様は「スーパーセブン」も取り扱われていますので「メロディーさんとコンタクトを取られたことはありますか」という主旨の質問を送らせていただいた事もあるのですが、今のところ返答は確認できていません。


とにもかくにも「ぺリステライト」が嘘偽りのない名前で販売され始めたことは、消費者にとっても天然石にとっても意味のあることではないでしょうか。





posted by isinohanasi at 07:48 | Purestone
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。