2007年09月03日

ブルームーンストーンの鑑別結果

「ブルームーンストーン」の鑑別結果が出ました。



ラブラドライトかぺリステライトの可能性が高いと考えていたのですが、
正解は「ぺリステライト」でした。



これまではインド産のラブラドライトを「ブルームーンストーン」と偽って販売するケースが多かったようですが、最近はアフリカ産ぺリステライトの産出が多いため「ブルームーンストーン」と銘打って販売されている天然石が、本当はぺリステライトである確率は、どんどん高くなっていくだろうと思います。

また、ブルームーンストーンの希少性を考えると、本物のブルームーンストーンが天然石ビーズとして流通することはほぼないでしょう。

ちなみに「ラブラドライト」と「ぺリステライト」と「ブルームーンストーン」は別物です。いくら見た目が似ていても、いくら天然石業界では当たり前にとされている「コマーシャルネーム」だとしても「ブルームーンストーン」ではない石に「ブルームーンストーン」と名前をつけて販売してはいけません。

末端の消費者ならともかく、販売する立場にある業者さまが「綺麗なんだからいいじゃない」ではモラルが低すぎるのではないでしょうか。

名称を変更することによる価格の低下や、抱えている在庫の問題などで、ブルームーンストーンという名称をどうしても商品から外したくない場合は、度ソーティングに出し、天然石の名称を確認した上で「ブルームーンストーンタイプのラブラドライト」もしくは「ブルームーンストーンタイプのぺリステライト」と名称を変更されることをお勧めします。

ぺリステライトの拡大画像も掲載しておきますね。





posted by isinohanasi at 00:00 | ブルームーンストーン
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。