2007年06月05日

「天然に近い石」に対する個人的定義

私の考える「天然に近い石」とは「かつてトリートメントに属していた種類の処理」がされていない石のことです。

ちなみに、エンハンスやトリートメントといったカテゴリ分けは過去のもので、現在は1つ1つの処理に対しての処理内容が鑑別書に記載されます。

現在私が「天然に近い石」に含まれないと定義している天然石は以下の通りです。

処理品について
 ・染色品
 ・着色品
 ・放射線処理品(分析が難しいため、この手の商品はお譲りしないことにしています)
 ・合成品
 ・再生処理品(練りなど)
 ・有色材を使用した含浸処理品

処理以外について
 ・名称と実物に著しい相違がある天然石


無色材を使用した含浸処理やオイル処理、その他「かつてエンハンスに分類されていた処理」については問題視していません。また染色や着色加工や合成品などについても、それらの情報が正しく購入者に伝わってさえいれば、特に問題視することはありません。

私は処理や加工の全てを否定しているわけでもありませんし、するつもりもありません。また一切の処理が入っていないものだけを「より天然に近い石」と定義しているわけでもありません。この点については、誤解のないようお願い致します。



パワーストーンや天然石関連の書籍、天然石のもつ意味や効能などの情報が氾濫している一方で、販売している天然石に対して、最低限の知識も責任も持たないショップさまや業者さまもまた氾濫しています。

販売している天然石に責任を持って下さらないなら、せめて消費者が「購入する天然石に対して自己責任をもてる」だけの情報を記載しておくべきだと思うのですが、残念ながら、取扱商品に対して責任を持つことも、十分な説明をすることも「必要がない」ことにされてしまっているのが、天然石業界の現状です。

それらに強い疑問を感じたからこそ、天然石の処理について問合せをしたり、購入した天然石を自分で鑑別に出したり、それらの結果をブログ上で記事として取りあげています。

天然石を商材として生計を立てている業者さまは、今一度、自分たちのビジネスが人間の弱さや信じたいと願う気持ちに、深く関わり得る可能性についてもご考慮ください。

もともとは自然に存在していた天然石に対して、効能やパワーストーンとしての意味を後付けしたのは人間です。それらの行為が結局はただ商売のための手段であるならば、あまりにも無責任であり、人の心の痛みに対して無神経すぎるのではないかと、私は思います。

 
posted by isinohanasi at 00:00 | 天然石に対する個人的定義
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。