2008年05月14日

オークション入札前にご確認頂きたいことA

今回は、出品する天然石についての説明をさせて頂きます。



■出品する天然石について

○私が問題視している加工・処理品とはどのようなものか

まず最初にお伝えしておきたいのは、現在市場に出回っている天然石(特に天然石ビーズ)には、様々な加工や処理が施されているということです。

加工・処理に関しては、これまで問合せをしてきた中で、天然石をカット・研磨することも含まれると主張された業者さまもありました。これは、カットや研磨も加工の一部なのだから、加工・処理されていない天然石はあり得ない、という主張だったのですが、私が問題にしている加工・処理とは、そのような言葉のあげあしを取るような種類のものではありません。

特に消費者にとって重要な購入判断の材料になるであろう色に関する処理の有無や、その石の価値(値段)を著しく変えてしまうであろう処理の有無を問題にしています。


天然石に施される加工・処理の例

色素による着色処理
 例 シーブルーカルセドニー、グリーンカルセドニー、オニキス他
有色材による含浸処理
 例 トルコ石他
コーティングによる着色処理
 例 ミスティックトパーズ、ミスティッククォーツ他
人為的な照射処理
 例 ブルートパーズ、バイカラークォーツ他
元素の拡散加熱処理
 例 コランダム系(ルビー・サファイア)
鉛ガラス等の含浸処理
 例 コランダム系(ルビー・サファイア)
充填処理
 例 さんご、オパール他
脱色処理
 例 タイガーアイ他
色の改善を目的とした加熱処理(天然石の価値を著しく変えてしまうのも)
 例 シトリン、グリーンクォーツ他
その他化学処理





○私が出品する天然石について

私が出品する天然石は、大きく2つに分かれます。


@市販されている商品を購入し、鑑別(天然石ビーズの場合は1連につき1〜数粒)に出した結果がOKとでたもの。

この場合の「OK」品には天然石の色を変えてしまわない、無色オイルや無色材による含浸処理品、加熱処理品が含まれます。

無色オイルの含浸処理
 例 ラブラドライト他
無色材による含浸処理
 例 カイヤナイト他
色の改善を目的とした加熱処理(天然石の価値を著しく変えてしまわないもの)
 例 タンザナイト、アクアマリン他

また、検証目的で購入した商品のうち、色に関する加工や価値(値段)を著しく変えてしまう加工が成されていなかった天然石も含まれます。

例えば、これまでローズクォーツやタイガーアイなどの染色品について、鑑別という手段を用いて検証をしてきましたが、その際に購入した商品のうち、染色等の色加工品でなかったものについては、オークションへの出品を予定しています。



A鑑別(天然石ビーズの場合は1連につき1〜数粒)に出した結果がNGとでたもの。

鑑別結果がNG品であること、もしくはNG品として取扱う理由などを商品説明欄に必ず明記させて頂きます。

例えばアゲート系の天然石などのように、人工的に着色されていることがほぼ確実でも、現在の分析技術ではそれを証明する手段がない天然石もあります。それらの天然石はアゲートとしては鑑別結果OKと出てきますが、私の基準ではNG品扱いとなりますので、NG品としてお譲りさせて頂きます。私はまだまだ知識も経験も浅いため、天然石の検証は「現物を購入して鑑別」が基本となります。そのため検証の過程には、このような鑑別結果NG品が生まれます。

NG品をあえてお譲りする理由は、アクセサリー素材として天然石を求めていらっしゃる方に安価でお譲りできれば、と考えたからです。なぜNG品扱いとしているかを説明した上で、その天然石を必要としてくださる方がいらっしゃるなら、私の手元でただ眠らせておくよりは価値があるのではないかと考えています。

他にも例えば染色タイガーアイや合成石など、加工品のサンプルとして面白いと感じたものについては、オークションへの出品を検討しています。もちろん色加工などについての情報は、必ず明記させて頂きます。




■次回は「出品する天然石に対して、私が保証できる事とできない事」「出品物の鑑別について」の説明をさせて頂きます。出品する天然石についての説明が不十分もしくはおかしいと思われた場合、メールにてご指摘くださいますよう宜しくお願い致します。



posted by isinohanasi at 00:50 | オークション関連のお知らせ
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。