2007年12月12日

第10回 QVCジャパン様の虚偽表示

■動画掲載について


前々回お伝えした、下記2商品へのリンクが削除されていましたので、動画と商品画像を掲載させて頂きます。




■No.467086 18K WG ペリステライト & メレダイヤ ペンダント/ QVC価格 \198,765 (税込)



「商品の動画」



ムーンシュタイナーペンダント.jpg
「商品説明の画像」






■No.467087 18K WG ペリステライト & メレダイヤ リング/ QVC価格 \199,500 (税込)




「商品の動画」




ムーンシュタイナーリング.jpg
「商品説明の画像」





今回の件で、私が特に問題視しているのは、商品説明の内容に「ペリステライト」と「「ムーンストーン」が同一の石であるかのような説明が成されている点です。具体的には、ペンダントの動画を見てください。下記のような説明がされています。


日本では鑑別上の表記の問題で、鉱物的には宝石名がペリステライトとなりましたので、今回はそういう風にペリステライトとなっておりますけれども、一般的にはブルームーンストーンと言っているものになりますので、今までのムンシュタイナーのムーンストーンと全く同じですね


ドイツやヨーロッパは、この辺がすべてムーンストーンになりますので、(ギャランティーカードの)宝石名ムーンストーンとなっておりますけれども、日本ではペリステライトと呼ばれていると覚えていただければ……




何度も申し上げますが、これらはすべて間違いです。「ペリステライト」は「ムーンストーン」ではありませんし、その概念は日本だけのものではありません。


「ペリステライト」は「ペリステライト」
「ムーンストーン」は「ムーンストーン」



これはもう、変えようのない事実なのです。これまで「ラブラドライト」や「ペリステライト」が「ブルームーンストーン」の代用品として販売されてきた事の方が間違いなのです。いくら流通名といっても石の種類を変えてしまうような名前はつけるべきではありません。


以前にもお伝えしましたが、今回の件は、サファイアにルビーの流通名をつけて売る事や、アクアマリンにエメラルドの流通名をつけて売る事と、なんら変わりはありません。ムーンストーンではない石にムーンストーンの名称を用いた結果、商品の価値評価は、確実にあがっているのですから



販売業者様には、これまでにも個別に提案させて頂いていますが「ムーンストーン」の名称に拘ることは、今後決してプラスにはなりません。むしろ1日も早く「ロイヤルブルーラブラドライト」や「ロイヤルブルーペリステライト」といった、石名と相違のない流通名に変更をされた上で、それぞれの石の持つ魅力や価値を高めていく事が、長い目で見た場合、一番楽でリスクの低い方法となるのではないでしょうか。




posted by isinohanasi at 01:47 | TVショッピングQVC様の虚偽表示
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。