2007年11月08日

ウォーターホイールズ社さまの見解

さて、これまで散々調べ、問合せ、追い続けてきた「スーパーセブン」について、メロディーさんの来日ワークショップの主催者でもある、ウォーターホイールズ社さまの見解を記載させて頂きます。

最初にお断りしておきますが、私は今回、ウォーターホイールズ社の代表の方と直接お会いしたわけではありません。日頃からウォーターホイールズ社の代表の方とお付合いのある方に、間に入って頂きました。

というのも、ウォーターホイールズ社さまは、メタフィジカルストーンの卸販売をされていますが、あくまでも卸が専門で、個人に対する販売は一切対応されていません。海外に出張されている事も多く、少人数で事業を展開されているため非常に忙しく、寝る時間も削ってお仕事をされていると伺いました。

そのような中、いち個人である私が、ウォーターホイールズ社さまと直接連絡を取り、「スーパーセブン」に対する疑問に答えていただくことは不可能です。しかも現在天然石市場に流通している「スーパーセブン」は、ウォーターホイールズ社さまが卸しをされた商品ではないのですから、本来ウォーターホイールズ社さまには、回答をする責任も義務もないのです。

けれども私には、もうそこに頼るしか正しい答えを得る方法が残されていませんでした。期待していた「地中の宝物」の共著者である吉田良さまからは、十分な回答を頂けないまま、これ以上は連絡をしてこないでくれと告げられ、「スーパーセブン」を販売している業者さまに、片っ端から確認を取ってみても、誰ひとりとしてメロディーさんと繋がりを持たれていない。「スーパーセブン」に含まれているとされる7つの要素の存在を、自分で検証しようにも現物がない。まさしく八方塞りです。

それでもしつこく粘って問合せを続けていく中で、ある日偶然のように、日頃からウォーターホイールズ社の代表の方とお付合いのある方と知り合う事ができたのです。そしてそれからさらに1ヶ月ほど経ったつい先日、やっとウォーターホイールズ社さまの見解を情報として頂くことができました。間に立って下さった方には、本当に感謝してもしきれません。

ちなみに、ブログ上にはその方のお名前は出しません。理由はいつもと同じく、相手の方に迷惑がかかる事態を避けるためです。

特に今回は「ウォーターホイールズ社さまの見解」である事を、はっきり提示して情報をお伝えするのですから、間に立って下さった方のお名前まで明かす必要はないと考えています。異論がある方もいらっしゃるでしょうが、これが私のやり方です。今後も変えるつもりはありません。

私は、現在自分がどのように晒され叩かれているかを、ごく一部ではありますが認識、把握しています。中には「ちょっとそれはないだろう」と、思わず反論したくなるものも多々ありますが、それらはみな、私がブログを継続していく代償であると考えるようにしています。ただ、善意で協力して下さった方々にまでそのような余波が及ぶことは、なんとしてでも避けたいとの考えを持っておりますので、ご理解くださいとまでは言いませんが、どうぞご容赦ください。


それでは、前置きが長くなりましたが、現在天然石市場に出回っている「スーパーセブン」についての、ウォーターホイールズ社さまの見解を記載させていただきます。なるべくわかりやすくするために箇条書きにしました。


@現在天然石市場に出回っている「スーパーセブン」とメロディーさんが提唱した「スーパーセブン」は、全くの別物である。

Aメロディーさんが提唱した「スーパーセブン」は既に産出されていない

Bもちろん市場に流通もしていない

C入手方法としては、昔メロディーさんから購入した「スーパーセブン」を持っている人に譲ってもらうしかない。

Dメロディーさん自身は、現在市場に出回っている「スーパーセブン」には一切関与していない。また承認もしていない。

E現在メロディーさんの本を日本で出版する権利を持っているのは、ウォーターホイールズ社だけである

FA・メロディーという名前が転用されている事が多いが、これは間違いである

G「スーパーセブン」は別名「メロディーストーン」とも呼ばれると解説されている事も多いが、これも間違いである

Hメロディーさんは「メロディー♪」の名前で活動されており、「メロディーストーン」などという名称の存在は認めていない。


以上が、ウォーターホイールズ社さまの見解となります。


ここで注目していただきたいのは、下記の内容です。

E現在メロディーさんの本を日本で出版する権利を持っているのは、ウォーターホイールズ社だけである。

これが事実であれば、株式会社ヨシヨシの代表である吉田良さんの出版された「地中の宝物」は、出版の権利を持たないまま出版した書籍であるという事になってしまいます。現在販売されている「スーパーセブン」の説明書きには「地中の宝物」に記載されていた説明文が、ほぼそのままの形で転用されている事が多く見受けられますが、おおもとの説明文自体に信憑性がないのだとしたら、いったいどうなってしまうのでしょう。
※この件について吉田良さんから何らかのご指摘があった場合は、事の真意を確認した上で、お知らせさせていただきます。


「スーパーセブンは存在しない」
この記事を書いてからこれまで、様々な余波を受けてきましたが、ここでもう一度はっきり記載させていただきます。

現在天然石市場に流通している「スーパーセブン」は全てメロディーさんが提唱されたスーパーセブンとは別物です。現在の市場には「スーパーセブン」は存在しません今後採掘される事もありません
また既に「スーパーセブン」を「インクルージョン水晶」と名称を変えて販売している業者様がいるとの情報を得ましたが、これも決して許されるものではありません

「スーパーセブン」に含まれるとされていた7つの要素を含む鉱物は、それが原石であれ、加工品であれ、既に市場には存在し得ないのです。それでも存在すると主張されるならば、7つの要素が含まれた鉱物の存在を立証してください。ひとつでも構いません。それができないうちは「スーパーセブン」と同一の説明を使って商品を販売することはできません。

私が記載した内容に納得がいかなければ、メロディーさんご本人に直接ご確認ください。私は今回、ウォーターホイールズ社さまの見解=メロディーさんの見解であるとの考えの元、この記事を書いています。ですから根拠のある反論や異論は全て受付けます。ただし、異を唱える以上は最後まで責任を持ってください。「たぶん」とか「おそらく」などといった根拠のない反論や異論には対応いたしません。

11月末にメロディーさんが再来日されるそうですから、現在「スーパーセブン」の取扱いをされている業者さまで、今後も販売の継続を希望される業者さまにとっては、ご本人の意向を直接伺うことのできる良い機会なのではないでしょうか。その上で「現在の市場にスーパーセブン」は存在しない、という私の主張が間違っていると指摘をする方がいらっしゃるなら、いつでもご連絡ください。




■次回予告
現在「スーパーセブン」を取り扱われている業者さまのお名前を、無作為に列挙させていただきます。検索で引っかかった業者さまを、上位から順に記載するつもりです。件数はまだ決めていません。これは「スーパーセブン」に関する問題を、他人事ではなく自分の事として受け止めて頂く目的で行うものです。

ただ、その前にひとつスーパーセブン以外の記事を挟ませて頂くかも知れません。
posted by isinohanasi at 23:12 | スーパーセブンは存在しない
一番上へ戻る

今後の予定

今日やっと、前回落札頂いた分のオークション対応がひと段落しましたので、明日からは滞っていた記事の掲載を優先したいと考えています。

ですので、明日からの出品料無料期間中に商品を追加する予定はありませんが、今後の出品予定品一覧を、この記事の最後に記載させていただきますので、興味を持たれた方はご一読ください。(現在ソーティング依頼中のものもありますので、場合によっては出品時に名称が変わったり、出品できない商品が出てくる可能性もあります)


さて、長い間記事の更新が滞っていたわけですが、今日は更新を止めていた理由を簡単に説明した上で、今後の掲載予定記事の予告をさせて頂きます。

まず更新を止めていた理由ですが、季節の変わり目で体調を少し崩してもいたことも事実ですが、それ以外にも「スーパーセブン」に関する一連の記事とそれに付随する余波に、ひとつの終止符を打てるだけの確実な情報をつかみきれていなかった、という大きな理由があります。

実は2ヶ月以上前から、私はある情報得るための方法をひたすら探し続けてきました。ある情報とは、メロディーさんご本人と直接面識のある方の「スーパーセブン」に対する見解だったのですが、私が必要としている情報にたどり着ける確率は限りなく低く、その為これまではあえて記事にする事を避けてきました。

それがつい先日なのですが、色々な方の協力を得て、やっと皆さまにお伝えできるだけの情報を得る事ができました。具体的には、メロディーさんと直接の繋がりがあり、日本でのワークショップも主催されているウォーターホイールズ社さまの「スーパーセブン」に対する見解です。この件につきましては、明日、詳しい内容をご報告させていただきます。

前回予告していた「私が問題視していると記載したサイト様についての見解」は、その次の記事で書かせて頂く予定です。



また、更新を止めている間も、ただ「スーパーセブン」の情報だけを探していたわけではありません。他に色々と調べ物や探し物をした結果、いくつかの収穫を得ることができました。

中でも一番大きな収穫は、本物のスリランカ産ブルームーンストーンを入手できたことです。今日は写真のみ掲載させていただきます。後日、なぜスリランカ産であると識別できるのかを含めて記事にする予定です。

004.jpg
スリランカ産、ブルームーンストーンです。
※青味をはっきり写すためにペンライトの光をあてて撮影しています。


001.jpg
最大限シラーを出さないように注意して写した写真です。


写真ではお伝えするのが難しいのですが、透明度の高い石の中にブルーのシラーがはっきりと確認できる、かなり綺麗なお品です。現地で鉱山を持っている方から買い付けたものを、さらに鑑別に出しました。
スリランカ産のムーンストーンの出物自体が大変少ないので、ブルームーンストーンとしては4つのみ、お譲りできる商品を確保することができました。いずれオークションに出品しますので、ご覧になってみてください。


他にも、以下のような記事の掲載を予定しています。
・ヘミモルファイトに施された染色の実態
 (無染色と回答された商品を、一面研磨して検証しました)
・タイガーアイにも染色品は存在する
 (黄色、赤、青、緑の染色品が存在します)
・希少石には2つの意味がある
・カイヤナイトに施される樹脂含浸について
・これまでやり取りのあった業者さまに対する見解の続き
 (掲載していないところがたくさんありますので)
などなど。

毎日更新をお約束することはできませんが、なるべく期間をあけないで更新できるよう頑張ります。また、最近なぜかオークションへの違反申告が再復活しているのですが、前回もお伝えした通り、いくら違反申告をされても、その事によって私にペナルティーがかせられることはありません。今後も全て未読のまま破棄させていただきますので、宜しくお願い致します。


では、今後の出品予定品一覧の掲載をもって、今日の記事の締めくくりとさせていただきます。


■今後の出品予定品一覧

・カイヤナイト6mm、8mm
・ホワイトムーンストーン8mm
・ブラウンムーンストーン8mm(グレイ味がかったお色です)
・タイガーアイ8mm
・ゼブラタイガーアイ4mm、8mm(一般的な販売名はミックスタイガーアイです)
・マトリックスタイガーアイ8mm(一般的な販売名はアイアンタイガーアイです)
・スギライト8mm(少量追加)
・ブルーラブラドライト(少量追加)
・スキャポライト(少量追加)
・エンジェライト8mm
・アメトリン小タンブル
・ペルー産インカローズ(ロードクロサイト)7mm
・ペルー産インカローズ(ロードクロサイト)コイン6〜7mm
・ルチル(ルチレイテッド・クォーツ)6mm
・ラブラドライト4mm、小タンブル
・アイオライト8mm、スクエア(小粒)
・マルチカラールチル(ルチレイテッド・クォーツ)6mm、8mm
・ハーキマークォーツ
・ペリドット6mm
・レピドライト8mm
・ローズクォーツ8mm、オーバル
・パープルフローライトオーバル

チップ系
・ラリマー(これまでより少し品質が低めの商品です)
・サンストーン
・ファイアーオパール
・エメラルド(極小)
・レッドスピネル(極小)
・ホワイトオパール(極小)


posted by isinohanasi at 01:37 | お知らせ
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。