2007年09月17日

実名を掲載する理由

私は今後、問合せや取引をさせていただいた天然石業者様とのやり取りを実名(業者名)で記事にしていくつもりです。この件については、賛否両論あるでしょう。実名を出すことは晒し行為であると受けとられる方もいらっしゃるでしょう。

それでも私は、あえて実名を掲載することを決めました。もちろん実名で記事を掲載することによって、嫌がらせを受ける可能性や訴えられる可能性があることも考慮に入れた上での決断です。

なぜ、私があえて実名を掲載することを決めたのか。その理由をこの場でお伝えしておこうと思います。

私が垣間見た天然石業界は、癒しとは程遠い無法地帯でした。しかも人の心の隙間を利用していることに気付いてさえいない業者様も多く、悪意のない無責任さが持つ怖さを改めて感じ、薄ら寒い気持ちになったことも2度や3度ではありません。

でもそれらはみな、天然石が悪いわけではありません。天然石を扱う人間に原因があるのです。私がブログタイトルに選んだ「本当は怖い天然石のはなし」とは「本当は怖い天然石(に関わる人間)のはなし」という意味なのです。

いくら鉱物についての正しい知識や詳しい情報を情報をお伝えしても、それらは全て「その石が間違いなくその石」でなければ意味を持たない情報です。

巷に溢れている一般的な天然石やパワーストーン系の書籍には、その天然石が持つ効果やパワーについて丁寧な説明がされている一方で、処理や虚偽表示についてまでは言及されていません。

でも本当は、それらを知りたいと考える消費者の方も多いのではないでしょうか。自分が購入する天然石が染色品や着色品でないことや、虚偽表示品や合成品でないことを望むのは、それほど珍しいことなのでしょうか。

私は、違うと思います。

天然石業者様が正しい情報を伝えて来なかったが為に、今、多くの消費者が天然石業界の曖昧さやギャンブル性の高さを知らないまま「綺麗な側面」だけを信じて商品を購入している現状があるのではないでしょうか。

そしてまた、業者の方々も処理や虚偽表示について曖昧に濁している理由がどこにあるかを、本当は知っていらっしゃるのだと思います。だからこそ、染色品や処理品についての問合せに対する返信に、わざわざ私個人の人格や人間性を否定する内容を記載されたり、「法的措置を取る」可能性を仄めかす文章を記載されるのではないですか。

本当のことを知らないのは消費者だけ。なのに、最終的なしわ寄せを食うのは消費者。

私は天然石業者様の対応については、今後も本当の事しか記事にはしません。「本当の事」が一方的な取引拒否や法的措置に繋がるのならば、その理由はいったいどこにあるのか。もう一度、それぞれがそれぞれの立場で考えてみる必要があるのではないでしょうか。

天然石に対する情報については、私自身がまだまだ素人ですので、常に間違いのない完璧な情報をお伝えできるとお約束することはできません。今でも、情報収集にはかなりの時間を費やしていますし、できる限り客観的な根拠を提示する努力もしていますが、知れば知るほど、どんどん深みにはまってしまい、言い訳と責任逃れの間をたらいまわしにされることも少なくありません。


それでも、たったひとりの素人にどこまでのことができるのか、チャレンジしてみようと思っています。


posted by isinohanasi at 07:31 | ブログ運営の目的と理由
一番上へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。